極細麺について

博多ラーメンでは極細麺が使われています。まるでそうめんのように白くて細いのが特徴的なのです。また、専用の小麦が使われており、こちらはラー麦と呼ばれています。加水率が低くなっており、それによってコシがなく粉っぽくて、スープをどんどん吸いやすいという特徴があります。のびやすくなっているため、博多ラーメンは麺の分量が少なめとなっていることが多いです。

それでは博多ラーメンはどうして麺が細くなっているのでしょうか。これは麺とスープがしっかりと絡むようにするためとされています。また、早朝や深夜にラーメンを食べに来る方が多いため、そのような方に対して短時間で麺を茹でて提供するために極細麺が採用されているのです。今では博多ラーメンにとって極細麺というのはスタンダードなものとして受け入れられています。ただし、お店によっては細麺の平麺や若干太い極細麺を提供しているところもあります。

また、博多ラーメンでは多くのお店で麺の硬さを指定することができるのも特徴とされています。ハリガネやカタ、バリカタ、やわといったものがあります。仮に普通で注文したとしても、博多ラーメンの場合は他の地域よりも硬めとなっていることが多いため注意しましょう。

スープ・具材の特徴

博多ラーメンというのはほとんどが豚骨スープとなっています。これが博多ラーメンのイメージとなっているでしょう。ただし、本州でイメージされているような濃厚でこってりとしたものばかりが博多ラーメンのスープではありません。どちらかというと地元においてはもっとさっぱりとしたものが一般的となっているのです。

全国的なイメージとなっているのは有名チェーン店が全国展開する際にこってりで濃厚としたスープの方が好まれると考えた結果からなのです。そのためあっさりタイプとこってりタイプは現地においては博多ラーメンとして種類の異なるものと認識されています。

それでは博多ラーメンにはどのような具材が含まれているのでしょうか。基本的にはシンプルとなっています。ネギだけ、あるいはそこにチャーシューも加わっているというパターンが多いです。ほかには きくらげやもやし、ノリ、メンマなどが含まれていることもあります。紅しょうがが含まれていることもあるのですが、こちらは上記のような具材だけでは色調が暗くなってしまうからとされています。

さらにトッピングとしてお店のテーブルには白ゴマや辛子高菜、紅しょうがなどが置かれていることがあります。トッピングのないお店もあります。

博多ラーメンの歴史

ラーメンにはいろいろな種類があります。その中でも人気の高いものがとんこつラーメンでしょう。ラーメン屋さんへ行くと必ずこちらを注文するという方がいます。そんなとんこつラーメンなのですが、これは発祥の地が福岡県であり、特に博多ラーメンは有名でしょう。博多といえば多くの方がとんこつラーメンを思い浮かべることが多く、こちらの地域を代表するラーメンとなっているのです。

実はとんこつラーメンの元祖といわれているのは福岡県の久留米市です。つまり博多ではないのです。昭和12年に久留米市にラーメン屋台が開業して、そこでとんこつラーメンが生まれました。独自の味のスープを編み出して、それがとんこつラーメンとなったのです。元々、とんこつラーメンを開発した人は長崎出身であり、そちらで長崎ちゃんぽんに親しんでいました。そのこってりとした濃厚なスープに慣れ親しんでいたことが、とんこつラーメンの開発にも活かされていたといわれています。

とんこつラーメンはあっという間に九州に広がるようになり、やがては日本中で知られるようになりました。今ではラーメンの味の一つとして認められているのです。こちらではそんなとんこつラーメンを代表する博多ラーメンについて、どのような特徴があるのか、極細麺についても言及しています。博多ラーメンについての理解を深めることができるでしょう。博多ラーメンに興味のある方はぜひとも参考にしてください。博多ラーメンのことがもっと理解できるようになります。