スープ・具材の特徴

博多ラーメンというのはほとんどが豚骨スープとなっています。これが博多ラーメンのイメージとなっているでしょう。ただし、本州でイメージされているような濃厚でこってりとしたものばかりが博多ラーメンのスープではありません。どちらかというと地元においてはもっとさっぱりとしたものが一般的となっているのです。

全国的なイメージとなっているのは有名チェーン店が全国展開する際にこってりで濃厚としたスープの方が好まれると考えた結果からなのです。そのためあっさりタイプとこってりタイプは現地においては博多ラーメンとして種類の異なるものと認識されています。

それでは博多ラーメンにはどのような具材が含まれているのでしょうか。基本的にはシンプルとなっています。ネギだけ、あるいはそこにチャーシューも加わっているというパターンが多いです。ほかには きくらげやもやし、ノリ、メンマなどが含まれていることもあります。紅しょうがが含まれていることもあるのですが、こちらは上記のような具材だけでは色調が暗くなってしまうからとされています。

さらにトッピングとしてお店のテーブルには白ゴマや辛子高菜、紅しょうがなどが置かれていることがあります。トッピングのないお店もあります。